前へ
次へ

施工するために必要なプロフェッショナル

不動産業の中には、建設工事を請け負う現場もありますが、適正に施工するために、一定の資格や経験を持つ技術者の配置が義務化されていることを、私たち消費者は知らないはずです。
現場技術者は、施工状況の監理・監督を行い、現場に関する全ての責任を負う立場にあります。
請け負った建設工事を施工する場合、請負金額の大きい小さいに関わらず、そして、元請けや下請けに関わらず、必ず現場に施工上の管理を司る主任技術者をおかなければならない、こうした規定が存在しています。
しかし、不動産業界においてはあるあるネタですが、従来終身雇用制度のもとで時間をかけ、継続的に行われるはずの現場技術者の養成に難色も示されているようです。
不動産業界は、他の企業とは異なり、新入社員の定着率も高く、離職や転職などは無縁というイメージです。
受注競争の熾烈化によって、経済的余裕があっても、企業が独自に技術者を養成する時間が取れないこともあって、なかなか思うようには技術者が育てられない、こうした一般的に知り得ない不動産情報も耳にしました。
ですから、そうした技術者が携わる不動産は安心して取得できるのではないでしょうか。

Page Top