前へ
次へ

境界線をチェックして購入を決める

住宅の建物を建てるのは自分が所有したり借りたりした土地になるでしょう。
決して他人が使う権利を持っている土地に勝手に建ててはいけません。
ではそれぞれの土地の境界はどうやって決められているかですが、一応不動産に関しては登記をすることになっていて、その情報を見ればどこからどこまでが誰の土地かなどが分かります。
新たに土地を購入するとき、売地として出ているならその土地の情報をチェックするようにしましょう。
売り手が出してくる情報を信じてもいいですが、できれば自分でも登記簿を取り寄せて確認した方がいいかも知れません。
では登記簿を見れば土地の情報がすべてわかるかですが分からないときもあります。
登記情報で意外に曖昧なのが境界部分で、必ずしも登記の情報と実際の情報が一致しているわけではありません。
昔に測量をした当時の情報のままのこともあり、新たに測量し直しているときにはそちらの情報が正しいと言えるでしょう。
まずは登記情報で境界線を確認して、さらに隣人等の立会いの下で再確認すると良いでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top