前へ
次へ

境界線をチェックして購入を決める

住宅の建物を建てるのは自分が所有したり借りたりした土地になるでしょう。
決して他人が使う権利を持っている土地に勝手に建ててはいけません。
ではそれぞれの土地の境界はどうやって決められているかですが、一応不動産に関しては登記をすることになっていて、その情報を見ればどこからどこまでが誰の土地かなどが分かります。
新たに土地を購入するとき、売地として出ているならその土地の情報をチェックするようにしましょう。
売り手が出してくる情報を信じてもいいですが、できれば自分でも登記簿を取り寄せて確認した方がいいかも知れません。
では登記簿を見れば土地の情報がすべてわかるかですが分からないときもあります。
登記情報で意外に曖昧なのが境界部分で、必ずしも登記の情報と実際の情報が一致しているわけではありません。
昔に測量をした当時の情報のままのこともあり、新たに測量し直しているときにはそちらの情報が正しいと言えるでしょう。
まずは登記情報で境界線を確認して、さらに隣人等の立会いの下で再確認すると良いでしょう。

トイレ工事を施工する横浜市中区のスマート設備
古くなったトイレを交換する工事を行います。

低価格で山梨にて新築の家を施工できる会社
徹底した品質管理を行っているため、コストダウンしていますしお客様のニーズに合わせた様々なプランを提案できます。

愛知でマンションリフォームを依頼するなら

建物へ暖かさを蓄積できるので快適です
暖房や冷房を止めると、外部の気温に影響をされる内断熱・両断熱と異なり暖かさを維持できます。

外壁に御影石を使用しているのでメンテナンスが楽です
御影石の自然浄化作用により、建物の壁面をきれいに保つことができるため数年ごとの補修工事が不要になります。

Page Top