前へ
次へ

賢い不動産の買い方を消費者は求める

不動産のプロは、住まいへの要望や話を聞いて、何をどうすればよいのかを明らかにできます。
よりよい住まいづくりに必要なこと、必要な物を具体的に提案してくれます。
家づくりというのは、土地代も含めれば相場は3000万円、とりわけお金がかかるものです。
それだけにハウスメーカーや大工など、プロへは期待も大きく、消費者はミスや手抜きも許しません。
限られた予算の中ですから、大変なのは承知していますが、知識や経験に裏打ちされたプロにしかできないことをしてもらいたいのが、私たち消費者の本音です。
一方、不動産業では値引きをせず、定価販売できることを第一に、モデルハウスを見学に来た方へ売り込みをします。
しかし広告を見れば、期間を限定し、特価で販売しているケースもあります。
建売では有名ハウスメーカーのものでも、売れ残ることも無きにしもあらず、販促目的でコスト割れした目玉商品の情報をチェックしておけば、賢い(得)買い物に繋がる可能性大です。

Page Top