前へ
次へ

角地の建ぺい率緩和の適用基準を知る

土地の中でも人気が高く価値も高くなるとされるのが角地です。
住宅を建てるための住宅は接道している必要があり、土地の何メートルが一定の道路に接道していれば建てられます。
角地だと道路に接道しているのはもちろん何らかの形で二方向に設置しているのでどちらの道路からも出入りができます。
角地においては色々な優遇がされていてそれが建ぺい率の緩和でしょう。
各地域には建ぺい率が定められていて、それ以内で建物を建てなければいけません。
建ぺい率が緩和されるとその地域の建ぺい率より高い率で建てられるので、より敷地を有効活用できます。
同じ広さの土地でも大きな家を建てられるかもしれません。
法律上は緩和されると定められていますが、全国の全ての角地が共通に緩和されるわけではありません。
緩和に関しては特定行政庁が定めるとあるので、地域によって決められた基準に合わなければ角地でも緩和の対象になりません。
緩い基準のところもあれば厳しい基準のところもあります。

Page Top